環境への取り組み

当社はエネルギーおよび資源の多消費産業としての自覚を強く持ち、又地域との共存共栄なくしては存続し得ないことを認識し、人類共通の家であるこの地球を次世代に引き継ぐため、『環境理念』を制定し環境管理活動を推進しています。

環境理念

日本カーボンは、環境と調和する技術を追求し、豊かで実りある生活が出来る社会の実現を目指します。

環境方針

当社は『環境理念』に基づき、環境パフォーマンスを維持し、その改善に結び付けられるように環境管理システムを構築し改善するための原動力となるべく『環境方針』を定め活動を展開しております。

  1. (1)環境管理体制の充実・強化
    環境保全活動を行う組織を体系化し、環境マネジメントシステムの維持・向上を図り、環境に配慮した企業活動を展開します。
  2. (2)資源・エネルギーの効率的利用の促進
    使用する資源やエネルギーを低減します。
  3. (3)環境保全活動の推進
    大気、河川、土壌、臭気等の汚染、騒音を予防します。産業廃棄物を減量化します。
  4. (4)環境法規制の遵守
    環境に関連する法規制、条令、地域との協定等の約束事項を遵守し、汚染や環境破壊を防止します。
  5. (5)環境教育活動、社会貢献活動の推進
    環境意識の高揚のため、全従業員への環境管理に関する教育を実施すると共に地域社会との共生を目指し環境保全活動に参画、地域の環境保護、コミュニケーション向上を図ります。

ISO-14001への取り組み

環境管理体制

ISO14001環境マネジメントシステムにおける役割、責任、権限を明確にした組織を構築し、効率的な組織運営を実施します。

認証取得実績

富山工場: 1998年8月21日取得
滋賀工場: 1998年10月12日取得

お問い合わせ

電 話: 03-6862-6125(生産技術部)

ISO14001認証

環境保全活動

炭素材料は、その製造過程において高温炉を使用するため大量のエネルギーを必要とします。このため、大気汚染物質や二酸化炭素、廃棄物が発生しますが、省エネの推進、環境設備の導入、廃棄物の削減等に積極的に取り組んでいます。また地域周辺における環境の改善と調和にも積極的に取り組んでいます。

環境設備の実施例

富山工場(焼成炉):電気集塵機

滋賀工場(高純度処理装置):排ガス処理設備

社会貢献活動の推進

ボランティア清掃活動など

滋賀工場 工場周辺の歩道や側溝の清掃活動

 

環境報告書2016(PDF:4.6MB)

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら