社長挨拶

「愛と科学の社会を目指す、夢と技術のある会社」

私たち日本カーボングループは、1915年(大正4年)の創業以来、一世紀以上の長きにわたり、「愛と科学の社会を目指す、夢と技術のある会社」を経営理念とし、製鋼用人造黒鉛電極、炭素繊維や炭化ケイ素繊維を、国内で初めて量産化に成功するなど、炭素工業分野でのパイオニアとして時代を切り拓いて参りました。長年築き上げてきた炭素・黒鉛分野での経験・ノウハウを余すところなく発揮して、今後も時代のニーズに応える高い付加価値ある製品を全世界へ送り出して参ります。

2018年は、一昨年と比較し、電極の需給バランスが引き締まったことによる電極価格の上昇や、半導体をはじめとする産業の積極的な設備投資により、売上高が伸長し収益が大きく改善いたしました。

しかしながら、依然として電極市況は予断を許さない状況にあり、原料価格の上昇による生産コストへの影響は非常に大きいものがあります。一方で、自動車の電動化の波は加速しており、今後、車載用負極材をはじめとする多くの炭素材料が必要とされていますが、原料供給は限られております。また、太陽光発電の補助金の削減などは、その他の炭素製品の見通しに、大きな影を落としつつあります。

このように、当社を取り巻く環境は目まぐるしく変化しております。そこで、当社は、中期経営方針を策定し、事業ポートフォリオの改革および経営基盤を強化することで、環境の変化に対し柔軟かつ機敏に対応できる体制を確固たるものとし、収益性および企業価値の向上を目指します。
また、企業の社会的責任を果たすとともに、環境と調和する技術を追求することで豊かな社会づくりに貢献して参ります。

全てのステークホルダーの皆様のご負託にお応えする為、あらゆる面で改革を推し進めて参りますので、今後とも一層のご支援を賜ります様、何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年1月1日
代表取締役社長

宮下 尚史

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら