HISTORY
歴史を知る

1915
日本カーボン設立
横浜市神奈川区浦島ヶ丘に設立、天然黒鉛電極製造開始。
1927
人造黒鉛電極製造に成功
日本初、念願の6インチから12インチの人造黒鉛電極試作に成功。
1949
化学構造材料用不浸透黒鉛の工業化
不浸透性黒鉛による塩酸ガス吸収管の試作研究に成功。化学構造材料用不浸透黒鉛「レスボン」の工業化開始。
1962
炭素繊維の工業化
日本で最初に低強度PAN系炭素繊維(カーボロン)を工業化。1965年には、航空宇宙技術研究所のロケットノズル部の部材に採用される。
1966
ロータリーエンジン用アペックスシールの工業化
金属の強度とカーボンの潤滑性を併せ持つ、ロータリーエンジン用アペックスシールに最適なアルミニウム合金との複合カーボン材を開発。
1974
可とう性黒鉛シール材の販売開始
黒鉛本来の優れた特長である耐熱性、耐薬品性、さらに潤滑性と柔軟性を併せ持つ、日本初の可とう性黒鉛シール材「ニカフィルム」の販売を開始。
1979
「ニカロン」工場を新設
日本カーボンの独自技術で工業化に成功した炭化ケイ素系繊維「ニカロン」の工場を、横浜工場内に新設。2000年代に入り、航空機エンジンへの採用が進む。
1985
デミング賞実施賞を受賞
1979年より実施してきた全社的品質管理運動である“NCQ”の成果が認められ、TQM(総合的品質管理)に関する世界最高ランクの賞であるデミング賞実施賞を受賞。
1996
カーボン系負極材の
事業化・量産化プロジェクト開始
携帯機器やパソコン市場の立ち上がりを背景に、富山工場と研究所で、新規事業化・量産化に向けてプロジェクトチームを結成。現在は、日本カーボンの事業の柱の1つとして成長を遂げている。
1999
新日本カーボンを合併
グループ企業経営体制の簡素化、業務効率化のため、新日本カーボンを吸収合併し、滋賀工場とする。
2003
新日本テクノカーボン発足
ファインカーボン事業を分離独立させ、新日鉄住金化学(株)と合弁で新日本テクノカーボンを設立。
2006
32インチ人造黒鉛電極生産開始
直流電気炉用32インチ人造黒鉛電極の生産を開始。翌2007年には32インチの加工に対応でき、より加工精度の高い電極加工機が完成。大口径電極上市の体制が整う。
2012
NGSアドバンストファイバーを設立
“燃えない繊維” ニカロン増産のため、米General Electric社と仏サフラン社との合弁会社として、NGSアドバンストファイバーを設立。
2014
日本カーボン欧州事務所開設
欧州市場の情報収集強化と販売促進を目的として、ドイツ・デュッセルドルフに欧州連絡事務所を開設し、運営を開始。
2016
独Kornmeyer Carbon-Groupと業務提携
ファインカーボン製品の欧州マーケットにおける戦略的パートナーとして、独Kornmeyer Carbon-Groupと業務提携することで合意。