はやぶさ

2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」は、約7年の歳月をかけて50億kmの長旅を終え、2010年6月、地球に帰還。

回収カプセルのシートシールドには、日本カーボンの炭素繊維を使った複合材が使用され、再突入時の1万度にもなる表面温度から貴重な試料を守り抜いた。

2010年12月、はやぶさプロジェクトサポートチームの一員として、宇宙開発担当大臣および文部科学大臣より、日本カーボンに感謝状が授与された。

燃えない 繊維

1300度の高温空気中でも燃焼せず、優れた安定性を発揮する炭化ケイ素系繊維「ニカロン」。スペースシャトル耐熱部品への採用をはじめとして、その性能を高く評価されていたが、肝心の用途が見つからず苦戦を強いられていた。
だが、2006年、米GE社および仏サフラン社が、この素材の耐熱性、耐酸化性に着目。後継素材「ハイニカロン」「ハイニカロンタイプS」を、小型航空機向けエンジン「LEAP」の高圧タービン部に使用することを決定した。
開始から30年以上、粘り強く研究に取り組み続け、ついにその用途が見出された「ニカロン」。世界の航空機エンジン市場では、今後、さらなる需要拡大が見込まれている。

32inch

日本カーボンの設立以来、100年の歴史を支え続けてきた黒鉛電極。1927年の国産初6-12in人造黒鉛電極製造の成功から、1930年代にかけて直径14inch、16inch、18inchと口径拡大に対応。
1951年に20inch、1958年に24inch、1996年に30inchと順調に大型化に対応した設備投資を進め、2006年には口径32inchの黒鉛電極を製造。
製造を担う富山工場では、2007年に新型電極加工機、2008年に容積を拡大した本焼成炉を導入し、黒鉛電極製造の全行程において、32inch以上に対応する最先端設備を備えた新鋭工場となった。

一世紀

日本の炭素工業は欧米にやや遅れて始まった。殖産興業を推し進める明治政府の方針に後押しされ、明治中期から末期にかけて若干の炭素工業会社が設立されたが、事業化が困難だったため、後発会社と合同、あるいは合併の憂き目を見ることになった。
1915年(大正4年)暮れに設立された日本カーボンは、翌1916年2月に横浜工場の操業を開始。当初から昼夜兼行で操業し、電気炉用天然黒鉛電極を製造して、3月には初出荷を果たした。
以来一世紀。日本カーボンは、我が国炭素工業のパイオニアとして、技術の進化を製品に具現化することで、国内外産業の発展に寄与してきている。

デミング賞

1985年、日本カーボンはTQM(総合的品質管理)の進歩に功績のあった民間の団体および個人に授与されているデミング賞の実施賞を受賞。1979年からはじめた独自の品質管理運動であるNCQの成果が認められた形となった。
NCQの目標を明確にし、トップの強力なリーダーシップのもと、全従業員の積極的参加によって管理システムを整備し各種手法を活用したこと、品質保証の徹底と新製品開発の充実に力を注いだことが評価された。
1976年、富山工場・滋賀工場から始まった品質管理運動は、それから40年経った今も、日本カーボンの製品品質を支えている。

アットホーム

Q1. 職場の雰囲気を一言で言うと?

A1. アットホーム

職場の雰囲気を一言で、という設問では、「アットホーム」「個性豊か」「風通しがいい」がトップ3に。この3つの表現が、日本カーボンの社風を、いちばんよく表しているようです。

主なその他の回答:明るい、落ち着いている、真面目、堅実、あったかい など

忍耐力・精神力

Q2. 会社に入って身についたことは?

A2. 忍耐力・精神力

「忍耐力・精神力」(22.0%)「コミュニケーション力」(19.5%)が1位、2位に。日々の業務を遂行する上で、必須の能力だからでしょうか。

「技術力」(17.1%)「判断力」(17.1%)も身に付いたと実感する社員が多いようです。

主なその他の回答:ビジネスマナー、注意力、論理的思考力、業務知識 など

成長できる

Q3. 入社してよかったと思うことは?

A3. 成長できる

他と大きな差を付けて、「成長できる」(29.3%)「尊敬できる上司がいる」(26.8%)という回答が数多く得票。

プロ意識・専門性が求められる、少数精鋭の環境。何かあったら手を差し伸べてくれる、尊敬できる上司の存在。多くの社員が、日々の業務の中で鍛えられ、一人前の日本カーボン社員になっていきます。

コミュニケーション、 信頼関係

Q4. 仕事をする上でいちばん大切にしていることは?

A4. コミュニケーション、 信頼関係

「コミュニケーション、信頼関係」が22.0%とトップに。日頃の地道なコミュニケーションに支えられた信頼関係こそが、日本カーボン社員の強みといえるかもしれません。

「業務に対する目的意識」「チャレンジ精神、向上心」も上位になるなど、真摯に仕事に向かう姿勢も伺えます。

計画力、進行管理力

Q5. 今、必要だと感じているビジネススキルは?

A5. 計画力、進行管理力

「計画力、進行管理力」が31.7%でトップに。「カーボン、製品知識全般」も24.4%と、やはり、今、実務で必要だと感じているスキルを必要だと感じているケースが多いようです。

「英語、外国語力」(14.6%)「トークスキル、対話力」(12.2%)など、コミュニケーション系スキルも、必要性を感じる場面が多そうです。

主なその他の回答:3歩先を見て行動するアイディア、業務知識、行動力、プレゼンスキル、ITスキル など

語学習得

Q6. 学生時代に、もっとやっておけばよかったと思うことは?

A6. 語学習得

「語学習得」(34.1%)「勉強全般」(24.4%)と、勉強関連が上位に。「もっと勉強しておけばよかった」というのは、社会人共通の後悔のようです。

一方で、「ひたすら遊ぶ」(12.2%)「長期間の旅行」(9.8%)など、正反対の項目もそれなりの票を集めています。

主なその他の回答:友人をつくる、趣味の幅を広げる、スポーツ など

家族と過ごす

Q7. あなたの休日の過ごし方は?

A7. 家族と過ごす

休日の過ごし方は、「家族と過ごす」(31.7%)「趣味に没頭」(22.0%)が1位、2位に。既婚・未婚によって、休日の過ごし方は変わってくるようです。

他にも、ドライブ・旅行やスポーツ、映画・演劇・ライブなど、思い思いに休日を過ごしていることが伺えます。

飲む、食べる

Q8. あなたのストレス解消法は?

A8. 飲む、食べる

「飲む・食べる(29.3%)」「睡眠(26.8%)」と、ストレスを持ち越さないよう、手軽な手段で解消している社員が多いようです。

「スポーツ(19.5%)」と、休日や退社後に、アクティブにストレスを解消する社員もそれなりにいるようです。

主なその他の回答:よくしゃべる、家族と過ごす など

週1回、2週間に1回

Q9. 職場の仲間と食事・飲みに行く割合は? 

A9. 週1回、2週間に1回

週1回、2週間に1回くらいの頻度で、食事・飲みに行っている社員が多いようです。なかには、ほぼ毎日という強者も。

月に2回以上、職場の仲間と出かけている社員が6割を超えており、日本カーボン社員の仲の良さを表しているようです。

メッセージ

Q10. 就活生へ、応援のメッセージ

製造部門 30代

今後、社会人として仕事を進めていくうえで、多くの人から助言や協力を得ることになると思います。自分から積極的に、幅広い層の人たちとの接点をもち、様々な考えに触れることは、貴重な経験として自分の視野を広げ、コミュニケーション能力を高めてくれるはずです。

製造部門 20代

自らの考えで行動し、結果を出す。そんなかっこいい自分を想像してみてください。やりがいのある仕事があなたを待っています。一緒に世界一を目指しませんか。

管理部門 40代

当社社員は他社と比べて、業務に応じた専門性が求められます。新入社員といえど、責任を持って期限内に、高いパフォーマンスを伴って業務をやり遂げる、プロフェッショナル意識の高い会社です。やりがいある仕事を重視して会社選びをする人には、最適な会社だと思います。今大学などで得ている知識は、会社で常識として、話の土台になります。しっかりと勉強して社会に出てください。

製造部門 20代

日本カーボンは1年目から大きなテーマに携わることができるので、責任は感じますが、同時にやりがいを感じる会社でもあります。また、やりたいことに関して先輩や上司の方がしっかりとフォローしてくださるので、のびのびと働ける会社だと感じます。これは、大きな会社ではない、当社ならではの特色だと思います。